色々なIOTの活用事例

私たちの生活をより便利にする様々なIOTの活用事例をご紹介

IOTと医療.福祉

IOTで病気対策!?

ビジネスのみならず、IoTを活用できる可能性のある範囲は社会システムのあらゆる領域に及びます。しかし、中でも注目を集める領域の一つが医療です。ビッグデータを利用することによって病気を予防したり、より効果的な治療に結びつけられたりする可能性が示されています。特に、単に長生きするだけでなく健康で活動的な生を長く享受するためのIoT活用は、注目に値するものがあります。そこで今回の記事では、IoT×医療技術の中でも病気の予防や健康な人生の維持に寄与する可能性のある事例についてご紹介したいと思います。ウェ...

詳細ページへ

オムロンがIoTを駆使して○○を!?

オムロン(オムロン ヘルスケア株式会社)は家庭用医療機器で有名な会社です。特に、家庭で使える血圧計を通じて、予防医学の発展に貢献してきました。そして、予防医学と言えばIoT導入による発展の可能性を秘めた領域。オムロンでも、外部事業者と連携することで、機器が収集するバイタルデータをクラウドシステム上で蓄積・分析・管理し、遠隔地にいる医師が参照できるようにする体制を構築しようとしています。今回の記事では、オムロンのヘルスケア事業におけるIoT利用についてご紹介します。計測データをパソコン・スマホに組...

詳細ページへ

期待がかかるIoTのガン診察への応用

ガンになって死亡する人の数が増え続けています。1981年に死因のトップになって以降も右肩上がりで、2016年の厚生労働省の推計では、全体の死亡数の30%近くもの人がガンで亡くなっています。ガンに関連した医療技術は大きく進展しつつありますが、中でもIoT技術をガン診察に応用することが注目を集めています。例えば、IoTによって、より初期の段階でガンを発見することができれば、ガンの死亡リスクを大きく減らすことにつながるわけです。そこで今回の記事では、医療の未来に革命を起こすかもしれないIoTの可能性に...

詳細ページへ

初期診断はIoTにお任せ!?

質の高い医療のためには適切な初期診断が必要です。初期診断が間違っていると、正しい治療ができないために症状が抑えられなかったり、最悪の場合には悪化させてしまいます。それゆえ、適切な初期診断をするためには、優秀な医師が初期診断に時間をかけられることが必要でした。しかし、優秀な医師は多忙なもので、これまで「適切な初期診断」は理想論に過ぎませんでした。こうしたジレンマを突破できるかもしれないと考えられているのが、IoTです。人工知能(AI)が豊富なデータに基づいて初期診断を担当することによって、患者を適...

詳細ページへ

医療現場で活躍するIoT

はじめに 在宅医療のホスピタリティを高めるIoT Pepper君がおもてなしする病院 IoTは、疲弊する介護現場の救世主 さいごにはじめに超高齢化社会を迎えて久しい日本。厚生労働省の発表によれば、2025年には人口の30%以上が65歳以上の高齢者となる見込みで、高齢化の進行によって福祉・医療の負担は増え続けるばかり。そんな日本の医療の未来に対し、IoTが果たすべき役割とは何なのだろうか?在宅医療のホスピタリティを高めるIoT祐愛会織田病院では、IoTを活用した在宅医療支援システムの構築に取り組...

詳細ページへ

IoTで病気の予防ができる?

目次 はじめに 自宅のトイレで健康診断 腕時計で血圧測定 さいごにはじめに病気になると、肉体的・精神的なダメージだけでなく、家族や職場などにも負担をかけます。誰しも、病気を未然に防いだり、病気の予兆をいち早く察知して症状を最小限に抑えたいと考えるのが普通です。そこで今回は、予防医療やセルフケアの分野で開発が進められているIoTテクノロジーの一例を、簡単に紹介していきます。 自宅のトイレで健康診断健康診断にいくと、必ずといっていいほど「検尿」があります。尿検査は健康状態を把握するための良い手段。も...

詳細ページへ

医療.福祉

タグ:家電
IoTの活用は、ヘルスケア・医療の分野でも注目が集まっており、すでにさまざまな機器やデバイスで活用されています。ヘルスケアにおいては、ドコモ・ヘルスケアが販売している腕に装着する端末は、付けるだけで1日の消費カロリーや睡眠時間などを計測してくれます。グンゼとNECが共同開発した、着るだけで姿勢や消費カロリー、心拍などの生体情報を計測できる「衣料型ウェアラブルシステム」の開発など、普段身につけている衣料品にまで  IoTが浸透してきています。画像参照元:グンゼ㈱ 日本電気㈱ 協同飼料その他あらゆる...

詳細ページへ