色々なIOTの活用事例

私たちの生活をより便利にする様々なIOTの活用事例をご紹介

スマートハウスに欠かせないHEMSって何?

スマートハウスに欠かせないHEMSとは

HEMS(Home Energy Management System)とは、ホームエネルギーマネジメントシステムのことで、(ヘムス)と呼び、政府は2030年には、ほぼ全ての世帯にHEMSの使用を定着させるという目標を掲げています。

スマートハウスとは、このHEMSを利用することで、太陽光発電や蓄電池を含め、エアコン等の空調設備や給湯器、家電など、家庭内で消費するエネルギーを可視化し、タブレットや携帯などのデバイスを使って簡単にコントロールすることで、エネルギー消費を無駄なく効率的に使う住宅のことをいいます。


HEMSで出来る事には様々なものがありますが、離れた場所からでも携帯などのデバイスを利用して家電のオン、オフが出来たり、反対に自宅などの照明スイッチ等のオン、オフ操作によって、離れた家族に無事を知らせるなど、今までの生活を格段に暮らしやすくするシステムであると考えられます。

しかし、今現在の住宅にはほとんど設置されておらず、新しく機器等の設置や場合によっては設備工事なども必要となってきます。
では、スマートハウスを手に入れるため、HEMSを設置するのにかかる費用はどれ位なのか、メリットばかりでデメリットは無いのか、どういったメーカーが出しているのか?など様々な???があると思います。

HEMSを使うにはいくらかかるの?

価格はメーカーによって2万~30万と大きな開きがあります。

メリット

  1. 電力の「見える化」で無駄なく電力を使用することが出来る
  2. 家電を遠隔操作することが出来る
  3. 電力の使用量が増える日中などに蓄電したエネルギーを需要の少ない時間に回すことで節電できる。

デメリット

ECHONET Lite(エコーネット規格)というHEMSの通信規格に実際に対応し、一元管理できる電化製品が未だ少ないという点です。 そのため、使ってみたいけれど、自分の欲しい電化製品ではHEMSを使えない、などということが多くあります。

主要メーカーが提供しているHEMS

パナソニック

スマートHEMS

パナソニック製品と連動して住宅全体を管理する設備

  • 機器費用:112,350円
  • 月額使用料:無料
  • 設備工事:必要 20,000円~

画像参照元:パナソニック公式サイト

m000149.jpg

シャープ

クラウドHEMS

特別な工事が必要なく、コンセントにタップ(独自の差込口)を差し込むだけで手軽に始められます。
費用は74,000~

画像参照元:シャープ住宅用エネルギーソリューションシステム HP

m000148.jpg

三菱電機

ENEDIA

太陽光発電システムを使用して発電した電気を電気自動車に蓄電しておくことが出来ます。
電気自動車から家庭へと電気を供給することも可能なので、万が一の災害時にも安心です。

機器設置費用:56,000円~

画像参照元:三菱電気公式サイト

m000150.jpg

東芝

東芝HEMS

HEMSのモニターとして自宅テレビを利用することが出来る。
機器費用:78,000~(条件によって違う)

画像参照元: 東芝キャリア株式会社 

m000156.jpg  

< 前の記事     一覧へ