色々なIOTの活用事例

私たちの生活をより便利にする様々なIOTの活用事例をご紹介

エッジコンピューティングって何?

様々なモノがインターネットに接続している現代は「IoT時代」と呼ばれます。しかしIoT分野の加速度的な成長度合いから「既にIoE(Internet of Everything)時代に突入した」という意見もあります。

そのような時代に大きく貢献するテクノロジーの一つと言われているのが「エッジコンピューティング」です。
今回はそのエッジコンピューティングについて解説し、エッジコンピューティングがもたらすソリューションや課題もご紹介致します。

エッジコンピューティングというテクノロジー

まずエッジコンピューティングがどのようなテクノロジーかについての解説です。
エッジコンピューティングのエッジ(Edge)は「界面」という意味で、これはネットワークをクラウドサービス側とフロントエンド側アプリケーションに分けた場合の界面です。
つまり界面にコンピュータを設置し使用するテクノロジーがエッジコンピューティングと言えます。

eddge_computer .jpg
界面に設置されたコンピューターは「エッジサーバー」と呼ばれ、界面両サイド間のデータ通信処理をサポートする役割を持ちます。
さらにこのエッジサーバー内に本来クラウドサービスが提供していたWEBアプリケーションやデータリソースを取り込むことによって、フロントエンドとのやり取りをエッジサーバーまでで一部完了させることができます。

エッジコンピューティングに必要な環境とは

先述のシステムを実現するために必要な環境・技術として最も重要なのがエッジサーバーの設置と言えます。
既存のネットワークがある場合、APIなどにエッジサーバーを組み込むことができればエッジコンピューティングは実現できます。

エッジコンピューティングがもたらすソリューション

ここからはエッジコンピューティングがもたらすソリューションについてご紹介致します。

世界がIoTを取り入れれば、その分インターネットに接続するモノが増加し、「データの増加・大容量化」に伴う「フロントエンドの高機能必須化」や「低遅延の必須化」といった問題が起こります。
これらが解決されなければ今後のIoT分野の展開が停滞する可能性が高まります。

そのソリューションの一つと言われているのがエッジコンピューティングです。
ではIoTのシステムにエッジコンピューティングを取り入れることで、なぜ先述の問題に対応することが可能なのでしょうか。

エッジサーバーがフロントエンド側とクラウドサービス側の界面で柔軟な処理を担うことは先述致しましたが、そこが一番のポイントになります。
具体的にはエッジサーバーが界面においてデータを分析・最適化することや、本来両者で処理していたタスクを一部受け持つことです。

それによってフロントエンドになるデバイスの機能に依存することなく大容量通信が可能になり、データの量と流れを調整することで低遅延も可能となります。
さらにエッジサーバーを分散的に配置することにって、モバイルのような移動体IoTにも対応できます。
IoTにとって重要なソリューションをもたらすエッジコンピューティングですが、それと似たテクノロジーにフォグコンピューティングがあります。

フォグコンピューティングもIoTに起こる先述した問題に対応するためのテクノロジーです。フォグ(Fog)は「霧」という意味で、クラウド(雲)とフロントエンドの間に位置することから名づけられました。
フォグコンピューティングもIoTネットワーク間でサーバー(フォグサーバー)を用いることやクラウドに転送するデータ量の削減ができることなどの点で共通していますが、厳密には違うものと言われています。

フォグコンピューティングによって実現されたものには、工場内の製造・計測機器からのデータをその工場内で分析・解析したうえでクラウドへ送ることなどを想定したフォグサーバーなどがあります。
このようにエッジコンピューティングよりもフロントエンド寄りで用いられるケースが多いです。

それに対してエッジコンピューティングが検討される分野にはモバイル事業に関したもの(Mobile Edge Computing)があります。
これはエッジサーバーを基地局側に配置し、一部のITサービスなどからデータリソースを寄せるという構想です。
それにより端末性能に依存しない通信が可能になるので、データセンター以降までやり取りが行われていた端末とのデータ通信が一部短縮され低遅延も実現可能となります。

画像参照元:第3の情報処理拠点を設けるエッジコンピューティング

edgecomputing.jpg

エッジコンピューティングが私たちに与える影響

IoT分野の中でビッグデータを扱うにあたって問題となってきたものには、スマートフォンの処理能力が挙げられます。
4K・8K動画視聴やAI解析、スマートハウスの監視や管理がスマートフォンにおいて一般的となってくれば更に問題は大きくなりますが、それらをエッジコンピューティングで対応できれば、逆に更なる展開も見込めるようになります。

先述の問題以外では、比較的に身近なメディアやゲームのサービス分野で問題となっているARやVRのリアルタイム性向上にエッジコンピューティングが対応可能です。
この他にもIoTシステムに関わるものほぼ全てに対応可能と言えます。

エッジコンピューティングの課題

先述のモバイル事業へエッジコンピューティングを取り込む場合、多くのエッジサーバーを配置することが必要となります。
また、ITサービス側とデバイス側の界面としてエッジサーバーのソフトウェアに当たる部分が、柔軟に対応し続けられるかどうかも重要な課題です。

エッジコンピューティングの今後

エッジコンピューティングの概要や応用分野を解説し、IoT分野に大きなイノベーションをもたらす可能性もご紹介致しました。
しかしそのエッジコンピューティングの普及にはいくつかの課題も存在し、身近な範囲で活用されるテクノロジーとなるにはもう少し時間が必要なようです。

< 前の記事     一覧へ     後の記事 >