色々なIOTの活用事例

私たちの生活をより便利にする様々なIOTの活用事例をご紹介

IOTに必要な5G

近年、IoT(Internet of Things)に関連して注目されているテクノロジーが「5G」です。IoTも比較的に若い分野ですが、その分野が成熟するためのキーとなるのが5Gであると言われています。ではその5Gとはどのようなテクノロジーであるのかを解説致します。また、IoTとの関連で押さえておくべき事柄についてもご紹介致します。

「5G」とはどのような革新技術なのか

ではまず「5G」についての知識から確認していきます。5Gは第五世代(5th Generation)の事で、従来の3Gや4Gの次世代型通信となります。その特徴は従来の世代を超越した広帯域、低遅延、高速、大容量などあり、その飛躍は多くの他分野の革新をも巻き起こします。そしてIoT分野も例外ではなく5Gによる革新の恩恵を受けます。

5Gが未来にもたらす数々の恩恵

その5Gが今後もたらすと言われている恩恵にはどのようなものがあるでしょうか。IoTとは「モノのインターネット」という意味があるように、携帯電話端末も電話がネットワークに繋がることを考えればIoTとなります。つまり携帯電話端末、近年普及したスマートフォンも5Gによる恩恵を受けられることになります。そしてそれらを日常で使用する私たちにもメリットがあるとも言えます。

では具体的にはどのようなメリットがあるかというと、5Gの高速大容量の通信が可能になるということが一つ挙げられます。例えば、大4k・8k動画という非常に負荷のかかるデータも、5G 通信なら遅延も気にせず見ることができると考えられます。

このように今までのストレス・不可能を呼び起こしていた事柄が「当たり前にできること」になるのが5Gです。次はこの他にはどのような広がりをみせるのかをご紹介致します。

IoTシステムに組み込まれる5Gの活用案

5Gが活用されるIoTの分野は、その特徴から踏まえて全てと言えます。例えばモバイルネットワーク、自動車、VRなど映像分野、ロボティクス、生産分野、セキュリティなどがあります。これらはほんの一例ですが、これだけでも私たちの日常に深く根付いているものだらけであることがわかります。

スペインのバルセロナで開催されたMWC2017(Mobile World Congress)という通信技術などに関しての世界的な展示会では、5G技術を用いた数々のテクノロジーについての展示・デモンストレーションも行われました。その中でも各メディアの注目を強く集めたのは、数十Kmも離れた地点からの遠隔自動車運転を体験できるデモンストレーションです。これは5Gの低遅延という特徴を存分に確認することができるものでした。遠地で移動する車のハンドル操作やブレーキの調整が遅延を感じさせないレベルで可能となっているということが驚きで、それによって多くのギャラリーだけでなく数々の業界にインスパイアがあったと思われます。

IoTと5Gの予測される今後の可能性・課題

5g.jpg

5Gを活用したIoT分野の発展、市場の拡大は言うまでもなく起こることであり、今後は同じく成熟過程のドローン操縦やロボットアームによる手術・危険地での作業、高度な画像認証を行うセキュリティなどに低遅延5Gが導入されると思われます。
またそれらがVRのテクノロジーを採用した場合にも5Gは大きく貢献すると考えられます。
先のMWC2017においても5GとVRを用いたデモンストレーションが見られ、多くの情報を味わえることが表現されていました。
ですがモバイルネットワークに関しては課題が多い印象が強く、その理由としてあるのは高い周波数帯の波長が短いため比較的に遠くまで飛べないことや、携帯電話端末の未対応などが挙げられます。
しかし、従来の低い周波数帯との組み合わせで安定性を確保する技術も研究が続けられています。

例えばNTTdocomoのファントムセル技術やMassive MIMO技術による弱点の補い方が良い例と言えます。ちなみにdocomoは「beyond宣言」を掲げていて、東京オリンピックのある2020年やそれ以降が5Gによって豊かな生活になることを目標としています。

5Gの普及には更なるIoT分野の発展が不可欠

先述の通り、5Gは多くの生活やテクノロジーに大きなメリットを生み出す一方でクリアすべき課題も多く存在します。例えば、モバイルネットワークに関しては通信技術としての5Gが存在しても環境や端末が対応しなければ利用できません。端末においてはGbps(1秒ギガビット)通信対応端末の普及なども5Gをより身近にするためには必要です。このように、5Gの革新を強く感じるためにはIoT分野の対応・発展が不可欠と言えます。

5Gについてのポイント・まとめ

5Gのテクノロジーは多くのメリットを私たちや他のテクノロジーに与えることは間違いないと言える段階まできています。ですが現段階ではかなり限定的で、モバイルネットワークで普及するよりも、それ以外でのIoTシステムへの普及が早いと思われます。しかし日本では多くの通信事業者や関連テクノロジー開発企業が2020年を一つのポイントとして位置づけているようなので、そこを目安として経過を見ることになりそうです。

< 前の記事     一覧へ     後の記事 >