色々なIOTの活用事例

私たちの生活をより便利にする様々なIOTの活用事例をご紹介

IoTで変わる生活

タグ:家電

IoT(Internet of Things)によって、私達の生活は大きく変わろうとしています。

ですが、これまでも新しいテクノロジーが登場する度に、「世界が変わる」と言われてきては、大して変わってきませんでした。
そんな中、IoTは既存のテクノロジーとどのように異なるのでしょうか。
IoTは、モノがインターネットにつながることで、生活の利便性を大きく変えてくれます。
たとえば温度センサー。部屋のエアコンのリモコンをスマートフォンにすることによって、自宅に近づいたら自動的にエアコンを適温にすることができます。
これには、エアコンとそのリモコン、温度センサーやスマートフォンが必要です。温度センサーで室内の温度を検知し、スマートフォンが自宅に近づいたら検出して、自動的にエアコンを快適な温度にしてくれます。
これらもIoTのスマートハウスの一つです。エアコンやリモコンがインターネットにつながることによって、あらたなる可能性が生じたのです。
IoTは、さまざまなモノがインターネットにつながり、さまざまな事象を検出してくれます。
そのため、新しく発明で生み出される製品の数は無限の組み合わせがあり、アイデア次第で誰でもIoTサービスを立ち上げることができるのです。

ドアの開閉見守りIoTなども考えられます

エアコンの他にも、たとえばドアにセンサーをつけることによって、ドアの開閉を離れたところにいる家族に通知し、一人暮らしのご老人の安否を確認する見守りサービスなどもあります。
従来のカメラなどはプライバシーの問題がや、操作するには覚えるのが大変だというお年寄りなどによりそれほどの普及がありませんでした。
しかし、今の生活を変えなくていいドアの開閉見守りIoTは、大きな効果を発揮します。
このように、IoTはさまざまなモノをインターネットにつなげて、スマートフォンで確認・操作することができ、IoTは今後も色々と用途を広げていく可能性があります。 

IoTは、日常の可能性を広げてくれる。玄関で天気予報が分かる傘立てIoT

毎朝、慌ただしく過ごしている方の中には、天気予報通りに傘をもっていくかどうか、玄関で悩む時間が惜しい人もいるかと思われます。
それを解決してくれるのが、天気予報の傘立てIoTです。

スマートフォンを持って玄関に近づくと、傘立てがそれを検出してインターネットに接続し、その近所の天気予報をインターネットでサーチします。
そして、雨、時々雨、晴れなどの天気予報の状態を、傘立て全体を光らせて教えてくれるのです。
雨なら赤色、時々雨なら紫、晴れなら青色などにランプが変わり、ユーザーは玄関に近づくだけで天気予報がわかり、その日傘を持って外に出るべきかがわかります。

これは傘立てがインターネットにつながったことで、スマートフォンと一緒になったIoTシステムの例です。

IoTは特に、家電をつなげて簡単なスイッチですべて操作できるスマートホーム と相性がよく、さまざまな日常を便利に変えてくれる製品を生み出しています。

玄関で靴を履いたあとに、リビングにもどってテレビで天気予報を見るのは手間がかかると思いませんか?
玄関でスマートフォンから天気予報を見る時間も、朝の忙しい時間帯には面倒ではありませんか?

それを、傘立てランプでビジュアルを使って解決してくれるのがこの傘立てIoTです。

照明の自動調節IoT

Fotolia_apri.jpg

スマートフォンを持っていることで、可能性は無限に広がります。
たとえば、照明の自動調節IoT。

スマートフォンを持って外出することで、 自動で照明をオン/オフにできるのです。

また、旅行に出ているときなどに、夕方の一定の時間だけ照明をつけて、夜になったら消し、まるで人がそこにいるかのように家全体を照らしたり消灯したりすることが可能となります。
これによって、防犯にもつながります。IoTは従来のモノを自動で使うことができるという点だけでなく、新しい価値をも生み出しているのです。

IoTでより快適に、よりエコに

エネルギーの浪費の問題も、IoTで解決されようとしています。
IoTを使うことで、より快適に、よりエネルギーを無駄遣いせずにエコに生活を営めるようになるのです。

ただし、IoTは、サービスの数だけアプリをスマートフォンにインストールする必要があり、アプリの管理が大変面倒になってしまうという弱点があります。

また、スタートアップ企業がIoTサービスに参入しているケースが多いため、サービスがいまいち定着せず 、サービス終了という事態が起こり、あとにはもう使えなくなった動かないIoTが残される こともあります。
IoTは発展途上で課題も多いですが、一方で、その可能性に、今後とも一層便利なサービスで生活を変えてくれるものだと期待もあります。

IoTで変わるショッピングや趣味

これからはショッピングのあり方も変わってくるかもしれません。

店頭では、モニターに映し出されたコンシェルジュが年齢や性別・好みなどの情報から商品を探してオススメしてくれるようなデジタルサイネージが一般的となり、 店員と置き換わる可能性もあるでしょう。
最近拡大しつつあるペット市場ですが、ペット用のデバイスは、ペットの首輪に装着し、リモートで食事の状況や生体情報などのデータが取得できたり、猫の顔を認識することにより、猫によって餌の量を自動で調節するなど、様々なものが 登場しています。
また、植物を管理・栽培するためのデバイスも登場し、土の状態(水分、肥料の濃度)をデータ化することで ユーザーは植物の状態を知ることができ、水やりや肥料を調節することができます。

 

IoTについて、ビジネスの分野や支えている技術、生活面での変化などをご説明しました。
2020年に開催される東京オリンピックを控えて、ITの需要はさらに高まることが見込まれます。

IoTの分野においても、今後は市場規模が広まることが予想され  、IoTが日常生活に欠かせなくなる日がくるのも、そう遠くない未来かもしれません。
 

< 前の記事     一覧へ     後の記事 >